2010年03月15日

奈良5歳児餓死、「2年前からやせ細る」父供述(読売新聞)

 奈良県桜井市で吉田智樹ちゃん(5)が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された父親の会社員博容疑者(35)が、「智樹は2年ほど前から目に見えてやせてきていた」と供述していることがわかった。

 「十分な食事を与えなくなったのは今年1月から」とする母親のパート店員真朱(まみ)容疑者(26)の説明と食い違っており、県警は、虐待がエスカレートしていった経緯を詳しく調べる。

 捜査関係者によると、真朱容疑者は「妹が生まれた2006年12月頃から夫婦仲が冷え込み、(智樹ちゃんが)夫に似ているのが憎らしかった」と供述、3年前から顔を殴るなどしていたことを認めた。しかし、食事については、朝1回、わずかしか与えなくなったのは1月初めからで、餓死の1週間前から全く食べなくなったとしていた。

 県警は、智樹ちゃんの死亡時の身長が85センチと発育が極端に悪いことから、食事を十分に与えなくなった時期を追及。博容疑者は「智樹は2年前からほおがこけ、明らかにやせ細ってきた。きちんと与えなくなったのはこの頃から」と述べ、「食事も家族と別だった」と説明しているという。

 博容疑者は、真朱容疑者の虐待が始まった3年前頃、親類の連帯保証人になって200万円の借金があったといい、「虐待には気づいていたが、負い目があって言い出せなかった」と供述しているという。

「谷垣降ろし」加速 自民・与謝野氏が新党視野 反執行部一本化が焦点(産経新聞)
30代女性の財布に負ける諭吉1枚 会社員の懐具合 民間調査(産経新聞)
架空のマンション転売話で詐欺 不動産ブローカー再逮捕(産経新聞)
佐賀の人違い射殺、元暴力団員の無期確定へ(産経新聞)
不法な妨害、毅然と対処=赤松農水相(時事通信)
posted by オグラ コウイチ at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。