2010年02月15日

<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)

 横浜市中央卸市場(横浜市神奈川区)にある竹家食堂がバンクーバー五輪開催中の12〜27日、五輪をテーマにした「聖火丼」を期間限定販売する。

 キムチの赤、ブロッコリーの緑、卵の黄色、しば漬けの青、トンカツのソースで黒−−と五輪カラーを表現。メダルを願って、イカとタマネギのリングを添えた。値段も「○」(輪)が五つになる880円。

 「お店は午前6時から開いていますので、早朝に中継される競技を、食べながら観戦してほしい」と店主の飛田和晃さん(38)。市場直送の新鮮な丼で元気いっぱいに声援すれば、日本勢の活躍も期待できそうだ。【高橋直純】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:日本代表が選手村で入村式
バンクーバー五輪:壁に躍動するアスリートの巨大写真
バンクーバー五輪:選手村「とても快適」…娯楽室も充実
バンクーバー五輪:世界の友だち、画用紙いっぱいに
バンクーバー五輪:聖火ランナーにシュワルツェネッガー氏

女流棋士ら講師に「ふれあい将棋教室」 世田谷区(産経新聞)
アッバス議長が広島訪問、原爆慰霊碑に献花(読売新聞)
普天間移設「受け入れは困難」…グアム知事(読売新聞)
石川議員、離党届は12日に提出(産経新聞)
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡−奈良県警(時事通信)
posted by オグラ コウイチ at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。