2010年06月08日

修学旅行、新型インフルで出発の朝に突然中止(産経新聞)

【風・新型インフル】(11)

 待ちに待った修学旅行が、学校へ行ってみるといきなり中止に。通常ではあり得ないような光景が、新型インフルエンザが猛威をふるった昨年、各地の小中学校などでみられた。

 《朝5時に学校に集合なので、家族全員4時に起きて息子を送り出した。ほっとしたのもつかの間、1時間後には息子が帰宅。かける言葉もありませんでした》

 2泊3日で沖縄へ修学旅行に行くはずだった中学3年(当時)の息子をもつ大阪府内の保護者から、何ともやりきれないメールが届いた。中止の連絡は学校からまったくなく、そのまま1週間の休校になったという。

 その日の午後、先生が事情説明と休校中の「課題」を配布するため各生徒宅を訪問。《そのときは行き場のない怒りをぶつけてしまった》というが、《先生はその後も時々様子をのぞいてくれた。頭の下がる思いでした》と感謝の言葉が記されていた。

 高校生の息子がいるという大阪の女性は《早朝に休校の連絡がメールであり、その間の課題が郵便で送られてきた。体調についての照会も電話で2、3回あった》という。休校による授業時間不足を補うため、2学期の始業式が数日繰り上がったそうだ。

 この女性には小学生の娘もいて、昨年夏の林間学校で感染が拡大。《学校では事前に児童の体調をチェックしたものの、現地で児童たちが発熱を訴え、タクシーなどで病院に行って受診した》という。

 結局、女性の2人の子供も新型インフルエンザのような症状に。治療薬・タミフルについて、10代での服用は異常行動につながるとの指摘もあったことから、《(息子や娘が)ベランダから飛び降りられてはと、サッシやドアに音の出るものをつけました》と、苦心した様子をつづっていた。

 一方、50歳の女性からは《昨年11月、高校3年の娘が発病した。不謹慎ですが、受験前にかかってくれてよかった》とのメールも。「風」に寄せられるお便りの多くに、わが子を心配する親の心情がつづられていた。(秋)

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
新型インフル、ピーク越す
梅干しで新型インフル撃退 和歌山大が発見
大学入試の新型インフル対策 救済措置実施は166校
自粛ムード…新型インフル流行で校長ら「苦渋の決断」
学級閉鎖、運動会延期…遅すぎたワクチン 新型インフル感染
「はやぶさ」帰還へ

鳩山氏「子分に裏金」疑惑 民主代表の座カネで買う?(J-CASTニュース)
<学力テスト>調査検討の専門家会議を発足 10日に初会合(毎日新聞)
都内最大級の売春クラブ経営者ら逮捕 2年間で10億円以上売り上げか 警視庁(産経新聞)
キヤノン関連工事脱税、元社長に求刑(産経新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)
posted by オグラ コウイチ at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。